育毛

査定が済みました。査定価格やその他の費用、タイミング等を確認しながら売るかどうかを検討します。

Q:実際に売却する場合、どのような広告・販売活動をするんですか?
昨今有力な広告媒体となっているインターネットを活用し、弊社のホームページへの掲載やat homeやYahoo不動産他一般サイトへの広告掲載を始め、住宅情報などの情報誌への掲載、新聞折込広告の実施、私たちのお客様などに対し販売活動をおこないます。
また、強力な販売活動を行うために、実費をいただいて独自のオリコミチラシを投入したり、オープンハウスを開催したりすることもあります。
Q: 売却している間、鍵は預けるのですか?
空室の場合には基本的にお預かりいたします。居住中の場合は通常お預かりしません。
Q: ローンが残っていても売却できるのですか?
売却する物件の多くは住宅ローンが残った状態です。売却した代金で住宅ローンの完済をしていただければ大丈夫です。売却代金より住宅ローン残高が多い場合はご希望とご計画に応じて、最適なご売却プランをご一緒に検討させていただきます。
Q: 夫婦で共有名義だが売却の時に特別な手続きが必要ですか?  
売主様がお二人になるという事で、お二人分の印鑑証明等のご準備が必要です。まずは弊社で登記の内容をご確認し、必要なお手続きをご案内します。特別な手続きはありませんのでご安心下さい。
Q: 同時に他の不動産会社に売却を依頼することはできるですか?
ご売却のご依頼には依頼者と不動産会社との媒介契約というものが必要になります。
媒介契約には3通りあり、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」があります。複数の不動産会社へご依頼をされる場合は「一般媒介契約」で可能です。
それぞれのメリット&デメリットをしっかりご説明させていただきますので、お気軽にご相談ください。


Q: 居住しながら売却する事はできるのですか?
できます。ご都合のよい日時にあわせて見学希望のお客様を案内するよう調整いたします。


Q: 売却時のその他の費用はどれぐらいですか?
主なものとしては以下の通りです。
・仲介手数料:売買価格×3%+6万円(消費税別)
・登記費用1:物件に抵当権の設定がある場合、
抹消登記のため2万円~5万円(抵当権の設定件数によります)
・登記費用2:登記上のお名前やご住所に変更がある場合、変更登記のため1万円~2万円(変更内容によります)
・収入印紙代:売買価格に応じて
  1万円(売買価格500万円超1千万円以下)
  1万5千円(売買価格1千万円超5千万円以下)
  4万5千円(売買価格5千万円超1億円以下)
  8万円(売買価格1億円超5億円以下)
・ 例えば3,000万円の売却で抵当権抹消が1件の場合、費用合計約105万円程度となります。
Q: 買った時より高く売れると所得税がかかるのですか?
売却によって利益が出た場合は所得税の課税があります。
例:2,300万円 - {(2,000万円 -100万円) +200万円} =200万円
上記の場合200万円に対する所得税・住民税がかかります。税率は所有期間により異なります。(譲渡した年の1月1日における所有期間が5年超の場合は長期譲渡所得の税率となります)
ただし「居住用財産を譲渡した場合の3,000万円特別控除」などの税控除もありますので、該当する場合には詳しくご説明いたします。
Q: 売れるまでにはどれくらいの時間がかかるのですか?
通常は1カ月~6カ月程度です。1年以上かかる場合もあり、地域や販売価格によって異なります。
買い取り業者に依頼すれば早く売れますが、市場価値の7割~8割と考えてもらった方がよいでしょう。
こだわり不動産ではお客様の状況を勘案しながら、入居中の売買や、リフォームを検討している買い手を見つけることで極力売却前のリフォーム等のコストをかけない等の好条件での販売を心がけます。
Q: 売却する前にリフォームやクリーニングは必要ですか?
お部屋の中を拝見した上で検討いたします。多少のリフォームをしてから売却に出す等、場合によっては費用が発生する場合もあります。
こだわり不動産では、中古物件を購入されるお客様の中で、特に「自分でリフォームをしたい」という方に向けて販売をしています。この場合、オーナーは売却前に余計なリフォーム費用を負担しないで済みますし、購入する側にも余計なリフォーム増額分がないためより求めやすい金額になります。
Q: エアコン等の設備に不具合があるが事前に修理したほうが良いですか?
物件に付帯する設備については、売主と買主の希望で協議することですので必ずしも修理をしなくても大丈夫です。不具合のある設備については不具合の状況などをきちんとご説明する事、故障の状態がひどければ引渡時に撤去をする事が取引をスムーズにします。
Q: 一戸建てに住んでいるが隣地との境界が見当たらない。大丈夫ですか?
境界標設置がわからなくなったケースはよくあります。紛失後の状況と紛失箇所によって異なりますが、私たちが現況を確認のうえ必要な手続きをご案内し、土地家屋調査士による測量や境界標の復元などが必要な場合は弊社でご手配いたします。
Q: 売却していることを近所に知られたくないが、広告せずに売却することは可能ですか?
周囲のイメージもあり同様のご希望をされる方もいらっしゃいます。
従来のように空室に「売物件」といった札を貼らず、通常の生活を続けながらの売却をすることができます。完全な住居表示を公開せず、業者間での既存のお客様に向けた販売が中心になりますが、より早く、多くの顧客に向けて案内するためには雑誌やインターネットでの写真等の公開は必要です。
Q: 短期間で売りたいのですが大丈夫ですか?
短期間での成約をご希望のお客様も多くいらっしゃいます。
販売期間を考慮した上で買い取りも含めたお客様に最適なご売却プランをご提案させていただきます。
Q: 売却と並行して次の転居先も探してもらえるのですか?
ご心配ありません。ご購入・賃貸ともに豊富な物件情報からご希望に合うご転居先探しをお手伝いさせていただきます。ご購入なら、是非当方ににご連絡ください。メーカーのモデルルームや展示場もご案内いたします。
中古物件だけでなく、新築マンションや新築一戸建てもご案内できますのでぜひご相談ください。

Q&Aの最終更新日 : 2017-06-23